Regience

経営理念

薬剤の患者満足度の低い疾患に苦しむ患者さんやその家族に希望を与える。

治療に対する薬剤の効果が低く、満足度の低い疾患をアンメット・メディカルニーズのある疾患と呼びます。これらの疾患は旧来の低分子医薬品やバイオ医薬品では治り辛い領域の疾患であることが多々ありますが、再生医療の進展により治療効果が期待出来る疾患があります。レジエンスはこれらの再生医療等製品を開発する事で、患者さんやその家族に希望を与えることを目標としております。

次世代を担う再生医療分野で革新的製品を作り、この分野でのリーディングカンパニーを目指す。

レジエンスは再生医療等製品の開発に焦点を当てております。将来的には臓器毎に自家(患者さん自身の細胞)培養製品及び他家(他人の細胞)培養製品等を持つ、本分野に専門性の高い会社に成長したいと考えております。再生医療等製品は、ヒト細胞を使った製品から臓器そのものの代替を可能にする製品として進化して行くものであると考えます。未だ解決すべき課題は山積みであり、高い技術を要しますが、3Dプリンターを使って人工臓器を作製する方法や、ヒト以外の動物を用いて人工臓器を作製する方法等、多様な製品開発が行われる将来がやってきます。レジエンスはこの分野でのリーディングカンパニーを目指すべく邁進しております。

医療やその他の日本の最先端テクノロジーをビジネスベースで深化させ、次世代の産業を担う礎となる。

iPS細胞を始めとし、革新的な技術が日本より生まれております。これらの高い技術を再生医療等製品の開発に活用し、日本国内だけでなく、海外においても承認を取得し、より多くの患者さんにお届けするのがレジエンスの最大の目標です。そして、その他のロボティクスや製造技術を駆使し、世界の何処にも無い再生医療等製品の開発を目指しております。レジエンスは、これら次世代の再生医療等製品の分野における産業の大いなる発展に貢献したいと考えております。

PAGE TOP